メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

ブラックホール初撮影 結実した科学の国際協力

 間接的にしか存在が確認されていなかったブラックホールの姿が、目に見える画像として初めて撮影されたことを喜びたい。

     国際共同研究チームが、世界各地の電波望遠鏡をつなぎ、月面上のテニスボールを見分けるほどの解像度を実現した成果だ。宇宙観測の新時代が幕を開けたと言える。

     ブラックホールの存在は約100年前、アインシュタインの一般相対性理論に基づき予言されていた。しかし、強大な重力を持ち、光すら脱出できない暗黒の天体のため、視覚的に捉えることができなかった。

     相対性理論の更なる検証や銀河の形成過程解明など、宇宙の謎に迫る知見が得られることを期待したい。

     撮影されたのは、地球から約5500万光年離れた銀河「M87」の中心部にある巨大ブラックホールだ。

     研究チームは、南米チリの「アルマ」や南極など世界6カ所の電波望遠鏡の観測データを解析し、リング状のガスの輝きの中に「黒い穴」が開いている姿を描き出した。ブラックホールから光すら抜け出せなくなる境界は「事象の地平面」と呼ばれ、この穴の内側にあるという。

     研究チームには、日米欧をはじめ中国や台湾など17カ国・地域から200人以上が参加する。観測成功の最大のポイントは、地球規模で望遠鏡を連携させたことだ。国境を越えた協力が結実した偉業で、発表が日米の他、中国や台湾でも同時に行われたことがそれを象徴している。

     画像を鮮明にするデータ処理技術を開発するなど、日本の研究者たちの貢献もたたえたい。

     より遠方のブラックホールが撮影できれば、ブラックホールの進化の過程が追跡可能となる。宇宙に電波望遠鏡を打ち上げて地上と連携すれば、解像度が更に高まる。今後の観測の進展が楽しみだ。

     ブラックホール研究が、日常生活に直接役立つわけではない。だが、「宇宙とは何か」という根源的な問いかけに応え、人類の「知の地平」を広げる試みを大切にしたい。

     米中露を中心に、宇宙の軍事利用競争が進む。世界の研究者たちが国境の壁を越えて手を携え、国際協力で成果を出した意義は大きい。

     若者が科学に興味を持つ、新たなきっかけにもなるはずだ。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
    4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
    5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです