メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーダン

バシル大統領解任 支配30年、軍クーデター

バシル大統領=ロイター

 【ピーターマリッツバーグ(南アフリカ東部)小泉大士】スーダンのイブンオウフ国防相は11日、テレビ演説でバシル大統領(75)の解任と、軍による政権掌握を宣言した。30年にわたって強権支配を続けてきたバシル政権は軍のクーデターによって崩壊した。

 軍指導部が設置した暫定評議会が選挙まで2年間の移行期間を担うとしている。

 ロイター通信などによると、イブンオウフ国防相は軍がバシル氏の身柄を拘束し、「安全な場所」で監視下に置いていると発表。多数の閣僚や与党政治家らも逮捕されたという。憲法を停止し、3カ月間の非常事態を宣言すると発表。内閣や議会を解散して1カ月間の夜間外出禁止とするほか、すべての政治犯の釈放についても明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです