メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

安倍首相「えり好み発信」か 令和発表、自ら記者会見

 新元号「令和」の発表で、「平成」発表時になかった首相の記者会見があった。安倍晋三首相は「当時は総理大臣の会見は極めてまれで、平成の30年を経て、首相の直接発信が増大した」と説明した。当時の新聞記事を調べると、改元前年1988(昭和63)年の竹下登首相の記者会見は19回あり、安倍首相の昨年1年間の14回より多かった。識者らは「安倍首相の発信は、都合の良い時に一部のメディアに限定したものが多い」と指摘する。【青島顕】

 「総理ご自身から新元号にこめられた意味や国民へのメッセージについて直接お伝えする」。1日、首相官邸で開かれた菅義偉官房長官の新元号発表の記者会見は7分間で終わった。

 続いて登場した安倍首相が「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄を次の時代へと引き継ぐ」と長官の倍以上の時間をかけて説明した。89年1月7日の平成の発表は小渕恵三官房長官が一人で行い、竹下登首相の談話を読み上げたのと対照的だった。

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文2013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです