連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

安倍首相「えり好み発信」か 令和発表、自ら記者会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新元号「令和」の発表で、「平成」発表時になかった首相の記者会見があった。安倍晋三首相は「当時は総理大臣の会見は極めてまれで、平成の30年を経て、首相の直接発信が増大した」と説明した。当時の新聞記事を調べると、改元前年1988(昭和63)年の竹下登首相の記者会見は19回あり、安倍首相の昨年1年間の14回より多かった。識者らは「安倍首相の発信は、都合の良い時に一部のメディアに限定したものが多い」と指摘する。【青島顕】

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2013文字)

あわせて読みたい

注目の特集