特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-稲葉陽八段 第43局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

手裏剣のタイミング

 ゆらりゆらりと稲葉が揺れる。時折自陣に視線を落とし、きゅっと眉をひそめると、すぐにまなざしを敵陣に戻す。[先]6三歩成に[後]4八歩と手裏剣を放った。金を移動させ[先]6八金打の粘りを消した手だが、ワンテンポ遅かった。[後]4三金右に代えて[後]4八歩とたたくのが正着で、[先]同金[後]5四歩[先]4四角に[後]4三金右で先手が忙しい。時刻は午後9時を回った。

 「気を抜くと終わってしまうかもしれません」と斎藤王座。攻め駒の少ない先手はアヤがなくなれば粘りがきかない。控室の見解は依然として後手持ちのまま、三浦の持ち時間は1時間を切った。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文873文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集