メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

人工透析 「診療記録、徹底図る」 病院長、文書指導受け

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、医療法に基づき都から文書指導を受けた松山健院長は11日、「指導内容については真摯(しんし)に受け止め、診療記録における記録の徹底を図る」などとするコメントを発表した。

 一方、松山院長は昨年8月に死亡した女性(当時44歳)の事例も含めて「医師が…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 大阪モデル「黄信号」点灯 未就学児含む32人新たに感染 宣言解除後で最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです