メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

耳の聞こえ 聞き取り訓練で衰え補う

帝京大学付属溝口病院で、言語聴覚士の三瀬和代さん(右)が言ったことをそのまま繰り返す「オウム返し」の訓練=三瀬さん提供

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 加齢に伴い耳の聞こえが悪くなったら、どうすればいいのか。加齢性難聴は完全には治らないが、言葉を聞き取る力を鍛えて聴力の衰えを補うやり方がある。相手の反応を見ながら、ゆっくり対話を重ねることがポイントだ。

 ●特性知り自覚を

 加齢性難聴を早期に自覚するのは難しい。音を感じる内耳の「有毛細胞」は30~40年かけて少しずつ抜けていくからだ。聴覚に関するコンサルティングを手がける「オトデザイナーズ」(埼玉県和光市)の坂本真一社長によると、言葉が聞き分けられなくなるのは、人の声が古いラジオのように割れて潰れた音に聞こえるからだという。

 どんな音が聞き分けにくくなるのか。母音より子音が聞こえにくく、特に破裂音の「パ」「タ」「カ」や「さ…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです