東都大学野球

春季リーグ 東洋大と亜大、勝ち点を獲得

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 11日、神宮球場で第1週の3回戦1試合と2回戦1試合を行い、東洋大と亜大が勝ち点を獲得した。東洋大は山田(4年・桐生第一)のソロなどで終盤に逆転し、中大に連勝。亜大は延長十回にサヨナラで駒大を降した。

 ◆一発で流れ寄せ

 東洋大の山田(4年・桐生第一)が一振りで流れを引き寄せた。

 1点を追う七回1死、140キロ台後半の直球が武器の中大右腕・皆川(2年・前橋育英)に対し、「コンパクトに当てて、相手の力を利用しよう」と左打席に向かった。初球、内角寄りの147キロ直球をジャストミートすると、打球は右中間席中段に飛び込んだ。「あの一発がチームに勇気を与えた」と杉本…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

あわせて読みたい

注目の特集