メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 自治体、救済へ試行錯誤 調査権限に懸念の声

旧優生保護法をめぐる相談窓口を設置している宮城県子ども・家庭支援課。相談者が訪れた場合、課内や別の面談室などで対応している=宮城県庁で2019年4月10日遠藤大志撮影

 「一人でも多く救済につなげたい」--。強制不妊の被害者から寄せられた相談に関する毎日新聞の全国調査で、救済に向けて試行錯誤を続けてきた都道府県の担当者たちはそう口をそろえた。一方、補償申請や手術記録の確認業務も任されることから、どれだけの被害者が申請してくるのか、被害調査に十分な権限は与えられるのかなど懸念の声もある。【岩崎歩、遠藤大志、田所柳子】

 与野党合意の法案が発表された4日後の3月18日、厚生労働省は政府・与党のワーキングチームと超党派議連の要請を受け、東京都内で都道府県の担当責任者に救済法案の説明会を開いた。「一時金」の申請受け付けが国から任され、手術記録など審査に必要な資料を探したり、関係機関に問い合わせたりする業務内容が伝えられた。

この記事は有料記事です。

残り2537文字(全文2865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです