メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんぱく公開講演会

アンデス文明の起源を求めて 日本人研究60年の軌跡と展望

国立民族学博物館副館長の関雄二教授=大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで2019年3月22日、望月亮一撮影

 国立民族学博物館(みんぱく、大阪府吹田市)が毎日新聞社と主催する公開講演会「アンデス文明の起源を求めて--日本人研究60年の軌跡と展望」が3月22日、大阪市北区のオーバルホールで開かれ、370人が参加した。みんぱく副館長の関雄二教授が日本人によるアンデス文明研究の歩みを紹介。坂井正人・山形大教授は世界遺産「ナスカの地上絵」の研究について講演した。両教授に、マヤ文明の研究者である中村誠一・金沢大教授を交えたパネル討論会も、卯田宗平・みんぱく准教授の司会で進められた。また、今回は初めて東京サテライト会場を設け、聖心女子大(東京都渋谷区)にライブ配信された。【須藤唯哉、岸佳子、用貝成子、写真・望月亮一】

この記事は有料記事です。

残り3542文字(全文3845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです