メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界国別対抗戦 紀平、SP世界最高 日本2位発進

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は11日、マリンメッセ福岡で開幕した。女子ショートプログラム(SP)は世界選手権4位の紀平梨花(関大KFSC)が、自身の世界歴代最高得点を更新する83・97点をマークして首位。同5位の坂本花織(シスメックス)は自己ベストを更新する76・95点で3位となった。

 男子SPは同4位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が92・78点で3位、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は自己ベストを更新する89・05点で4位。世界選手権を制したネーサン・チェン(米国)が101・95点で首位となった。

 大会は6カ国から男女各2人とペア、アイスダンス各1組が出場。各種目の順位に応じたポイント合計で争う…

この記事は有料記事です。

残り1296文字(全文1600文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです