メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

ギミックにこだわり抜いた+Styleのリアルな魚ロボ「MIRO-5」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、本物の魚のように体を動かして泳ぐロボット「MIRO-5」を、5月20日に発売します。

 

↑実売価格は6万4800円

 

MIRO-5は、手のひらサイズのロボットフィッシュです。体が複数のパーツで構成されており、スクリューではなく関節を動かして遊泳するほか、浮き袋の制御により上下方向にも遊泳可能です。遊泳時の動きについては、下記動画をご確認ください。

 

 

レーザーセンサー4個と自動遊泳アルゴリズムを搭載し、前方と左右、下方の4方向の障害物を感知・回避します。なお、アルゴリズムによる自動遊泳に加えて、Androidアプリで泳ぐ方向を手動で操作可能です(iOSアプリは2019年5月以降に公開予定)。

2000mAhのバッテリーを搭載することで、連続8時間の動作を実現。関節を動かすモーターには、メタル製ギアを採用することで、高い耐久性を備えています。なお、万が一の故障に備えて関節ブロックの交換パーツも付属。

 

自身で作り上げることも含めてテクノロジーを楽しめるアイテムですが、子どもの遊具としても使えそうですね。

【関連記事】
快適な通話性に特化した「AQUOS ケータイ3」、シニア以外の潜在顧客は?
“曲がるスマホ”など、現在世に出ている近未来スマホを一気見せ!
新AirPodsを使ったら「Apple Watchがスポーツシーンに最高の音楽プレーヤー」な説が濃厚に
ただの机がワイヤレス充電器に変身! アイデアひとつで生活が豊かになる好例「deskHack」
「いつでも好みのコーヒー一杯」という理想、スタバ×LINEのキャッシュレスサービスが叶えるかも

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです