メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内部通報で発覚、1年半後に本格調査 対応のまずさも浮き彫りに 大和ハウス

記者会見で謝罪する大和ハウス工業の土田和人専務(左)と有吉善則常務=大阪市中央区で2019年4月12日午後4時32分、猪飼健史撮影

 全国で2000棟を超える住宅で施工の不備が発覚した大和ハウス工業。2016年に社員から内部通報があったにもかかわらず、本格調査に着手するまで約1年半掛かるなど、対応の遅れも浮き彫りになった。賃貸アパート大手レオパレス21の施工不良問題に続き、業界トップクラスの企業が引き起こした不正で、消費者の住宅に対する不信感が高まるのは必至だ。

 大和ハウスの発表によると、問題があったのは00~13年に顧客に引き渡した戸建てや賃貸住宅の柱や基礎…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文924文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです