メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

東京医科大の不正入試を巡り、元受験生33人が起こした集団提訴について説明する弁護団=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年3月22日午後3時5分、蒔田備憲撮影

 東京医科大の不正入試問題で、過去に受験して不合格となった女性33人が先月22日、慰謝料などの支払いを大学側に求めて東京地裁に提訴した。東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた記者会見に臨んだ原告の鈴木飛鳥さん(仮名)は今も医学部を目指して受験勉強を続けていることを明かし「憲法が職業選択の自由を保障しているのに、職業に直結する試験で性別を理由とした得点操作は許されない」と語った。会見の様子と原告2人のコメント全文を掲載する。【東京社会部・蒔田備憲】

この記事は有料記事です。

残り2378文字(全文2603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです