メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

東京医科大の不正入試を巡り、元受験生33人が起こした集団提訴について説明する弁護団=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年3月22日午後3時5分、蒔田備憲撮影

 東京医科大の不正入試問題で、過去に受験して不合格となった女性33人が先月22日、慰謝料などの支払いを大学側に求めて東京地裁に提訴した。東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた記者会見に臨んだ原告の鈴木飛鳥さん(仮名)は今も医学部を目指して受験勉強を続けていることを明かし「憲法が職業選択の自由を保障しているのに、職業に直結する試験で性別を理由とした得点操作は許されない」と語った。会見の様子と原告2人のコメント全文を掲載する。【東京社会部・蒔田備憲】

この記事は有料記事です。

残り2378文字(全文2603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです