メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖博物館、リニューアルの全貌明らかに 触れられる展示やAR活用

コウガゾウの骨格化石の左半身に生体を復元した標本展示=琵琶湖博物館提供

 改修が続く琵琶湖博物館(滋賀県草津市下物町)の第3期リニューアルの実施設計案が明らかになった。琵琶湖の歴史や文化を紹介しているA、B両展示室の内容を発展させ、触れられる地形模型や、AR(拡張現実)技術を活用し、幅広い年齢層が楽しく学べる仕掛けを作る。11月から工事に取りかかり、来年7月のオープンを目指す。【礒野健一】

 琵琶湖博物館は1996年10月の開館後、97年度の約97万人をピークに徐々に入館者が減少し、201…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです