トリカブトの根から神経障害性疼痛抑える成分発見 治療薬に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神経障害性疼痛に有効な成分が見つかったトリカブトの根(牧野利明教授提供)
神経障害性疼痛に有効な成分が見つかったトリカブトの根(牧野利明教授提供)

 名古屋市立大の牧野利明教授(生薬学)のグループが、神経の損傷で起きる慢性的な激しい痛み「神経障害性疼痛(とうつう)」を抑える化合物を、毒草で知られるトリカブトの根から発見した。より効果的な治療薬の開発につながることが期待され、8日付の国際学会誌(電子版)に掲載された。

 神経障害性疼痛は、切り傷や抗がん剤の副作用などで神経が傷付けられると発症し、ドアノブに触れるだけでも激しい痛みを感じる。国内で患者は600万人以上と推計される。モルヒネなど既存の…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

あわせて読みたい

ニュース特集