メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクションカードで災害初動対応 熊本地震教訓に益城町が作成

アクションカードを使った初動対応をデモンストレーションする町職員ら=熊本県益城町で2019年3月26日16時26分、福岡賢正撮影

 2016年4月の熊本地震を教訓に熊本県益城(ましき)町が、町職員の勤務時間外でもスムーズに災害対策本部が開設できるよう、登庁順に職員のやるべきことを記したアクションカードを作成した。西村博則町長は「優先順位をつける重要さを痛感した」と3年前の地震発生当時を振り返り「私自身が防災のバイブルにしたい」とカードに期待を寄せる。

 町では熊本地震で震度7を2度観測した。1度目の前震が4月14日午後9時26分、2度目の本震が同16…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです