メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

F35墜落、海中捜索を開始 「過去の不具合」関連調査 

最新鋭ステルス戦闘機F35A=空自提供

 航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖に墜落した事故で、岩屋毅防衛相は12日、現場周辺で海中の捜索を始めたことを明らかにした。墜落機で過去に2度確認された不具合との関連も調べる方針という。一方で、昨年末に政府が決定した計147機のF35A、B型を取得する計画については「現段階で変更する考えはない」と明言した。

 防衛省によると、現場海域では海上自衛隊の潜水艦救難艦「ちよだ」が音波探査や水中カメラによる海中捜索…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです