メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西成・あいりん地区の「街頭テレビ」復活 地元企業が管理引き継ぐ

三角公園に復活した街頭テレビ=大阪市西成区で2019年4月12日午後2時40分、猪飼健史撮影

 大阪市西成区のあいりん地区で、半世紀以上、労働者の娯楽として親しまれてきた街頭テレビが12日、約1年ぶりに復活した。昨年3月に壊れ、大阪府警西成署が撤去を検討するなど存続が危ぶまれていたが、地元企業が管理を引き継ぎ、新しいテレビを設置した。

 管理を引き継いだのは、地域活性化などに取り組む「萩之茶屋地域周辺まちづくり合同会社」。この日午後2時半ごろ、社員らが40インチのテレビを公園に運び、高さ約2メートルの支柱の上にある観音開きの箱に収めた。画面が映ると、作業を見守った約10人から歓声が上がった。当面は午後6~10時に見られる。

 西成署によると、街頭テレビは1964年、通称・三角公園(萩之茶屋南公園)に設置。72年から署が管理…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです