メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元駐イラン大使がセクハラ、公邸で職員にキス 外務省が注意

 駐イラン大使を務めていた駒野欽一氏(72)が2012年10月、テヘランの大使公邸で部下の女性職員にキスし、外務省官房長からセクハラ行為に当たるとして口頭で注意を受けていた。毎日新聞が入手した同省の内部文書などで判明した。駒野氏は取材に経緯を認めた。

 女性は医師から「急性ストレス反応」との診断を受け、一時休職するなどしている。代理人の平岩佑彦(よしひこ)弁護士(大阪弁護士会)によると先月、強制わいせつ容疑で警視庁に刑事告訴した。

 内部文書は同省人事課が昨年8月22日に作成した。A4判2枚で表題は「駒野駐イラン大使(当時)による…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです