メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山、マスターズ初日は鬼門「スイング良くない」

第1ラウンド、18番で打球の行方を見る松山英樹=オーガスタ・ナショナルGCで11日、AP

 男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントが11日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで開幕し、松山英樹は3オーバーの63位と出遅れて初日を終えた。

 連続ボギーで発進して迎えた3番(パー4)。松山はティーショットを右に曲げて、林の中から狙った2打目。木の間を通そうとしたボールは、木に直撃して大きく跳ね返り、隣のコース近くを転々とした。4打目でグリーンに乗せたもののボギー。大きなため息に包まれた。

 8度目のマスターズの舞台で出はなをくじかれた。ティーショットが安定せず1、2番とも右のバンカーに入れてしまう。出だしから3連続ボギーに、松山も「スイングが良くない感じでうまく調整できていない。4番くらいからは、もうパーが取れないのではと思った」と苦笑いした。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです