メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(22)足立正生さんインタビュー・下 若松監督とパレスチナに行った理由とは

若松孝二監督(中央)は仏カンヌ国際映画祭の帰路、足立正生さんとパレスチナへ行き、ゲリラと生活をともにする中で撮影を許可される。帰国後、「赤軍-PFLP・世界戦争宣言」の上映運動を開始する=若松プロ提供

 数多くの作品を世に送り出した若松孝二と足立正生さんの関係性ははたから見ても不思議だった。「若ちゃん」「アッちゃん」……仲良く呼び合っていたかと思えば、口論し合う。そこになれ合いがなかったことだけは確かである。2人の映画を見れば、それがよく分かる。足立さんの連続インタビュー(下)をお届けする連載第22回は、1974年から日本赤軍に合流して中東にいた足立さんの元を何度も訪れ、日本に強制送還された後も変わらずに交わった若松孝二の知られざる一面を記すことになる。恐らく2人のどちらが欠けたとしても、日本映画史に残る問題作は生まれなかったのではないか。性格も思想も異なる名コンビぶりが際立つインタビューをお楽しみいただきたい。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り5578文字(全文5894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです