メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

天文学者/本間希樹 人類初ブラックホールの撮影に成功! 2年超の密着で明かす歴史的快挙の舞台裏

4月14日放送の「情熱大陸」から

 オレンジ色の光にぽっかり空いた黒い穴……今週、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したというニュースが世界中を駆け巡った。成功すればノーベル賞とも言われたこの国際プロジェクトで長年活躍を続けてきた天文学者の本間希樹がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、4月14日午後11時~11時半)に登場する。

     アインシュタインがその存在を予言してから100年。多くの謎に包まれていたブラックホールだったが、10日に本間が発表した「直径約1000億キロで周囲の温度は60億度以上」という途方もないサイズ感も含め、初めて公開されたブラックホールの画像に宇宙のロマンを感じた方も多かっただろう。

     今回の研究は13機関200名を超える研究者からなるビッグプロジェクトで、銀河系内の天体が発する電波をもとに、地球からの距離や天体の動きを高い精度で計測する最新の「電波望遠鏡」を世界各地で繋いで地球規模の巨大観測システムを構築し、ブラックホールの姿を明らかにするというものだ。番組では日本を代表する天文学者としてプロジェクトで活躍を続ける本間に2年4カ月にわたって長期密着取材を敢行。歴史的快挙を成し遂げたプロジェクトの舞台裏に迫る。

    「見えない宇宙の中でも究極に“見えない”のがブラックホールですよね。簡単に見えないからこそ面白い。人間は宇宙でも何でも“見えないものを見たい”という好奇心から始まるじゃないですか」

     はるか宇宙の彼方、5500万光年先の「暗黒天体」を直接見る力を手に入れた研究者たちが、最先端の天文学によってまだ誰も見たことの無いブラックホールの謎を解き明かすまでの一部始終をカメラが追った。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
    3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
    4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです