メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

顔ぶれ一新、近代の3偉人 お札、20年ぶり変更

 新元号「令和」の余韻(よいん)もさめやらぬ中、またまた政府から大きな発表があった。2024年度をめどに、1万円札、5000円札、1000円札のデザインが刷新される。偽造(ぎぞう)防止が主な目的という。新たなお札の「顔」は産業や教育、医療(いりょう)の分野で日本の近代化に貢献(こうけん)した3人だ。

 お札のデザインが刷新されるのは04年以来20年ぶり。1万円札は実業家の渋沢栄一(しぶさわえいいち)、5000円札は教育者の津田梅子(つだうめこ)、1000円札は細菌(さいきん)学者の北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)の肖像(しょうぞう)になる。裏側の図柄(ずがら)は、1万円札が東京駅丸(まる)の内(うち)駅舎、5000円札が藤(ふじ)、1000円札が葛飾北斎(かつしかほくさい)の代表作・富嶽(ふがく)三十六景の「神奈川沖浪裏(おきなみうら)」だ。このほか、500円硬貨(こうか)も2色に変更(へんこう)し、21年度をめどに発行する。2000円札については流通枚数が少ないため変更しない。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文2119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです