メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ペット・ショップ・ボーイズ ポップとアートを結ぶ魔法

撮影:土居政則

 <楽庫(らっこ)>

 夏フェス出演などで定期的に来日していたので、さほど久しぶりな気はしなかったのだが、単独では19年ぶり。そして自分にとって今回の単独公演は彼らのライブ表現、その本質というものを初めて理解することができた、まさに目からうろこが落ちる体験だった。

 彼らの楽曲のメロディーの美しさと、耽美(たんび)なニューウエーブからスタジアム級ダンスポップまで、自由自在なサウンドメークの妙技には、さすが長年第一線に君臨しているデュオだけに突出したものがある。でもそのライブは、ともすると、まるで絢爛(けんらん)豪華なカラオケショーのようにも見えて…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです