メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
週刊テレビ評

元号報道-大騒ぎに終始 主役はニュース出まくった首相か=金平茂紀

 僕は天性のあまのじゃくなもので、99人がみんな熱狂していると、1人だけさめていたいと思うようなところがある。困ったものだ。だが、4月1日のテレビの元号報道には、そういう異分子の居場所が許されないような一種の恐怖を感じた。そう言えば、エープリルフールの日だったな。

 テレビは朝から夜まで、新元号は何だろう? 「令和」に決まったぞ、よかった、よかったと大騒ぎに終始した。午前11時半と見込まれていた菅義偉官房長官の元号発表記者会見の時間までのカウントダウンを2時間以上前からやっていた局もあった。有識者懇談会のメンバーが自宅を出るところまで生中継していた。実際は午前11時41分に会見開始が遅れたので、カウントダウンは意味を失ったのだが、とにかく盛り上げるお祭りモードになっていたのだ。「平成」の発表の時と違うのは、元号発表が二段重ねになっていたことだ。

 官房長官会見の直後、午後0時5分から、なぜか安倍晋三首相が別の会見を開いて、新元号「令和」の意義に…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです