メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年

復興、官から民で NPO設立、40歳男性 中越から西原村に「息長く」

 新潟県中越地震の被災地から2016年4月の熊本地震で大きな被害が出た熊本県西原村に出向していた佐々木康彦さん(40)が、先月末で村役場を退職し、同村に復興支援のNPOを設立した。新潟での経験から「復興は家を建て直してからが始まり」と話す佐々木さんは、熊本で新たな人生を歩んでいく。

 静岡県富士市出身。05年に東京の都市計画コンサルタント会社に就職し、初任地が前年の中越地震で被災した新潟県長岡市だった。2年後には同市が中山間地域の復興支援のために設立した公益財団法人「山の暮らし再生機構」に転職。被害が大きかった旧山古志村(やまこしむら)地域で、集落を巡るバス運行に取り組む住民らを支援するなど、行政やNPO、地域住民の橋渡し的な役割を担った。

 熊本地震では発生直後に西原村に災害応援に入った。数カ月で新潟に戻るはずだったが村に請われ、同機構か…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです