メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SENDAI光のページェント

18年の来場者、前年比45万人減 開催期間短縮が影響 /宮城

 仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」の実行委員会は、33回目となった2018年の来場者数が236万人だったと発表した。資金不足のため開催期間を前年より6日短い18日間にしたこともあり、前年より45万人少なかった。05年以降では最少の来場者数となった。19年の開催期間については検討中だという。

 「光のページェント」は09年からLED電球となり、期間中の電力はバイオマス発電によるグリーンエネル…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです