メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」で満員御礼 高岡・万葉歴史館、講座が人気/大伴家持ゆかり、高岡市立図書館 /富山

「令和」の文学的背景について解説する坂本信幸館長(左端)=富山県高岡市伏木一宮の市万葉歴史館で、青山郁子撮影

新元号「楽しい時代続いて」

 新元号「令和」の出典元、万葉集ブームに沸く高岡市万葉歴史館(同市伏木一宮1)で12日、坂本信幸館長の講座「万葉集と新元号『令和』」が開かれた。80回以上続く講座で、従来は30~40人だった参加者が定員いっぱいの約120人と大幅に増加。坂本館長も「ありがたいこと」と話に熱がこもった。【青山郁子】

 万葉風の装束で登場した坂本館長は、万葉集全巻がそろった最古の写本「西本願寺本」から「令和」の基とな…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです