メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鮎河千本桜

県内の桜、各地で見ごろ 水面に映える 甲賀・うぐい川公園 /滋賀

ライトアップされたうぐい川の両岸に咲き誇る桜=滋賀県甲賀市土山町鮎河のうぐい川公園で、礒野健一撮影

 甲賀市土山町鮎河(あゆかわ)の「うぐい川公園」周辺の桜並木が満開となり、ライトアップされた幻想的な風景を楽しむ人でにぎわっている。

 鮎河地区は約60年前、神社の改築を祝って桜を植樹、その後も小学校の卒業記念などで桜を植え続けた。今では近くの青土(おおづち)ダムまでの道に約1600本が並木を作る「鮎河千本桜」として、県内有数の桜の名所となっている。

 うぐい川公園には両岸に約200本のソメイヨシノがあり、日没から午後9時半までライトアップも実施。木…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです