メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

若者へ普及を 龍谷大に公認研究会が発足 /奈良

 日本酒を若者に普及させようと、龍谷大で公認のサークル兼研究会が発足した。20歳以上で学外からも参加可能。責任者の秋庭太・経営学部准教授は「学生と愛好家と、日本酒に関わる人のプラットフォームにしたい」と意気込む。【菅沼舞】

 先月16日夕、同大学町家キャンパス(京都市伏見区)で「日本酒文化研究会 TASHINAMI(たしなみ)」のキックオフイベントが開かれ、秋庭准教授のゼミ生や酒造関係者、京都大の日本酒サークルの学生ら30人以上が集まった。全国の酒蔵を巡るほど日本酒好きの中学教諭、浅治岳文さん=札幌市南区=を講師に11社13銘柄のきき酒を実施。浅治さんは基礎知識や飲み方を語りながら「自分好みの味を見つけて」と呼び掛けた。

 友人に誘われ参加した龍谷大の池田泰盛さん(20)は銘柄が伏せられた酒を試し、「甘くてマイルド」「酸…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1058文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです