メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

進む世代交代 常任委員長、91歳・金永南氏退任 後任に崔竜海氏 最高人民会議

米朝首脳会談に際し、金正恩朝鮮労働党委員長(中央左)と接見する崔善姫氏(同右)=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【ソウル渋江千春】北朝鮮の最高人民会議(国会)が11日、平壌で開かれた。同会議常任委員長として20年以上、形式的な国家元首の役割を務めてきた金永南(キムヨンナム)氏(91)が退き、後任に崔竜海(チェリョンへ)朝鮮労働党副委員長(69)が就くなど幹部の世代交代が進んだ。国家機関の最高指導者である国務委員長に金正恩(キムジョンウン)党委員長が再任され、新首相には金才竜(キムジェリョン)前慈江道党委員長が選ばれた。朝鮮中央通信が12日伝えた。

 同通信によると、11日は「初日」とされているため、12日も会議が開かれた模様だ。韓国統一省によると…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです