メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スーダン

軍政移行に市民が反発

 【ダーバン(南アフリカ東部)小泉大士】スーダン軍がバシル大統領を拘束し憲法を停止したと発表したことに対し、反政府デモに参加していた市民らは軍事政権への移行に反発している。民主化勢力は夜間外出禁止令を無視してデモを継続し、軍と市民の衝突も懸念されている。

 11日にバシル氏解任を発表したイブンオウフ国防相は、軍主導で2年間の移行政権を運営後、大統領選挙を実施する方針を示…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです