メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

紙面もネットも「デジタル毎日」 無料で読めるデジタル紙面

[PR]

 新年度に入りました。5月には元号が「令和」になります。新時代のスタートにニュースをデジタルでも読む習慣を始めませんか。毎日新聞の「デジタル毎日」は、宅配購読者の方が会員登録をすると、追加料金なしで新聞をデジタル紙面で読むことができます。また、ウェブでしか読めない独自の記事もあります。会員登録をして「デジタル毎日」の各種記事をお楽しみください。

    旅行先でも手軽に 「毎日ID」でログインするだけ

     ■メールアドレスで登録

     会員登録がまだの方は、左記事の「サイトで簡単登録」を参考に、メールアドレスを「毎日ID」として登録してください。毎日IDはパソコンの他、使い勝手のよい専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末で最大5台まで同時に使えます。ご家族の方が家庭や職場、学校などそれぞれの場所で楽しむことができます。旅行先でもご覧になれます。

     登録が済んだら、ニュースサイトを開き、ログインします。パソコンの場合で説明していきます。右上の「ログイン」の文字をクリックし、登録した毎日IDでログインしてください。まずは新聞をデジタル紙面で読む場合です。画面上部の青い帯の右端にある「デジタル紙面」をクリックします。上から朝刊(東京、大阪、西部、中部、北海道)、夕刊(東京、大阪、西部、中部)、日曜版、号外、全国の地域面などが並んでいます。画像や各都道府県名をクリックするとデジタル紙面が開きます。朝夕刊は1週間分、地域面は沖縄を除く46都道府県の当日の紙面が楽しめます。故郷の地域情報がチェックできます。

     デジタル紙面なので文字を拡大して読めます。文字が小さくて読みづらい方はぜひ、この機能をお使いください。上部のメニューバーで大きさを自分好みに調整できます。下段の「次へ」「前へ」をクリックすることで新聞を繰るようにページを選ぶことができます。その横の丸を左右に動かしてページを選ぶことも可能です。

     紙面を1ページ全体にしたり、範囲を選択したりして印刷することもできます。東京朝刊と東京夕刊では、上部の帯から「テキスト」を選んで読みたい記事をクリックすると別画面が左に開き、横書きの体裁で読めるようにしています。この画面左下にある「Webで読む」をクリックすると、ニュースサイト上で記事を読むことができます。

     ■スマホはアプリで

     スマホやタブレットで紙面をお楽しみいただくためには「App Store」か「Google Playストア」で専用アプリ「毎日ビューアー」を検索してダウンロードしてください。使い方はパソコンの場合とほぼ同じですが、東京朝夕刊には専用アプリ独自の機能もあります。メニュー表示からスクラップや、記事一覧を見ることができます。「お気に入り」に単語を登録すると、記事一覧を開いたときに登録した単語を含む記事が色付けされます。また、スクラップは、記事を選ぶことでできます。

     アプリで紙面を事前にダウンロードしておけば、外出時などインターネットに接続できない環境でも、デジタル紙面をお楽しみいただくことが可能です。

     紙面をデジタルで読むだけではなく、ウェブのみに掲載されている豊富な独自記事も読むことができます。「政治プレミア」「経済プレミア」「医療プレミア」に掲載されている記事は、各界の専門家や専門記者が執筆。質の高い情報をお届けしています。宅配購読者は読み放題です。

     ■500円プラスでより充実

     また、新聞購読料に加えて500円(税別)をお支払いいただくとより充実したサービスが受けられる「宅配購読者プレミアムプラン」があります。「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「サンデー毎日」「週刊エコノミスト」のデジタル紙面、旅行の割引やお得なサービスが豊富な「トクトクプレミア」がご利用できます。


    七番勝負ネット中継 棋譜も動画も購読者は無料

     佐藤天彦(あまひこ)名人に豊島(とよしま)将之王位・棋聖が挑戦する「第77期名人戦七番勝負」(主催・毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟/協賛・大和証券グループ)が開幕しました。伝統ある最高峰の名人位をかけた注目の対戦です。新聞購読者の方は、ニュースサイトから毎日IDでログインすると棋譜中継と動画中継をご覧になれます。

     棋譜中継と動画中継は、宅配購読者無料会員などの限定サービスです。ご覧になるには「毎日ID」によるログインが必要です。ニュースサイト右上の「ログイン」から毎日IDとパスワードを入れてログインしてください。毎日ID未登録の方は左の「サイトで簡単登録」を参考に登録してください。ログイン後に「名人戦・順位戦」(https://mainichi.jp/meijinsen/)を開き、リンクをクリックしてください。4連覇か3冠か、棋界を代表する両雄の激突がパソコンやスマートフォンで体感できます。

     <第2局以降の予定>

    第2局=4月22、23日、山口県萩市「松陰神社立志殿」

    第3局=5月7、8日、岡山県倉敷市「倉敷市芸文館」

    第4局=同16、17日、福岡県飯塚市「麻生大浦荘」

    第5局=同29、30日、東京都港区「浄土宗大本山増上寺」

    第6局=6月10、11日、甲府市「常磐ホテル」

    第7局=同25、26日、山形県天童市「天童ホテル」


    サイトで簡単登録

     紙の新聞とデジタルを両方楽しむためには「宅配購読者向けのプラン」にご登録ください。パソコン(PC)、タブレット、スマホのいずれでも簡単に手続きできます。

     毎日新聞のニュースサイト(https://mainichi.jp/)の画面右上にある「デジタル毎日申し込み」の文字をクリックし=写真<1>、開いた「デジタル毎日総合案内」ページで右下の「デジタルと紙の新聞両方楽しみたい方はこちら」=同<2>=から、無料プランかプレミアムプランかを選択して、「お申し込みはこちら」に進んでください=同<3>。毎日IDをお持ちの方はログインして、まだの方は「毎日IDを登録」画面=同<4>=にメールアドレスとパスワードを入力して、登録ボタンをクリックします。「登録確認メールを送信しました」の画面=同<5>=が出たら、手続きを進めてください。

     タブレットやスマホの方は、二次元コードから「デジタル毎日」案内ページにアクセスできます。

    お問い合わせは

    愛読者センター 0120・949・528

    携帯電話・PHS050・5855・1410

    平日午前10時~午後5時(土日祝日は除く)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

    3. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    4. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

    5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです