将棋

大阪王将杯王将戦 1次予選 藤井が準決勝へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が12日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第69期大阪王将杯王将戦(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)の1次予選4組準々決勝で森内俊之九段(48)に92手で勝ち、準決勝へ進んだ。あと2勝で2次予選へ進出、さらに3勝すると渡辺明王将(…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集