メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今よみがえる森鴎外

/1 #MeTooより早く 女性を理解し励ます=詩人・伊藤比呂美

「#MeToo」のプラカードを持ち、集会に参加する人たち=東京都新宿区で2018年4月28日、丹治重人撮影

 森鴎外というと、今どきの人は「舞姫」しか思い浮かべないと思うんですよね。

 主人公の太田豊太郎は、妊娠して狂った恋人のエリスを捨てて日本に帰ったダメ男。

 豊太郎は鴎外その人だと思われてるんじゃないか。つまり作家ですけど官僚で、軍医総監で医学博士で文学博士で権威主義的なオヤジ。

 鴎外、顔はたしかにそんなふうですが、心は違います。

 鴎外こそ〓MeTooが影も形もなかった頃にひたすら女を理解し、励ましてくれつづけた人なんですよ。

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2214文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです