メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今よみがえる森鴎外

/1 #MeTooより早く 女性を理解し励ます=詩人・伊藤比呂美

「#MeToo」のプラカードを持ち、集会に参加する人たち=東京都新宿区で2018年4月28日、丹治重人撮影

 森鴎外というと、今どきの人は「舞姫」しか思い浮かべないと思うんですよね。

 主人公の太田豊太郎は、妊娠して狂った恋人のエリスを捨てて日本に帰ったダメ男。

 豊太郎は鴎外その人だと思われてるんじゃないか。つまり作家ですけど官僚で、軍医総監で医学博士で文学博士で権威主義的なオヤジ。

 鴎外、顔はたしかにそんなふうですが、心は違います。

 鴎外こそ〓MeTooが影も形もなかった頃にひたすら女を理解し、励ましてくれつづけた人なんですよ。

この記事は有料記事です。

残り2001文字(全文2214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです