プロ野球

巨人6-1ヤクルト 坂本勇、天敵砕く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 投打のかみあった巨人が快勝して首位に浮上した。同点の三回、坂本勇が勝ち越しソロ。五回に代打・阿部の2点二塁打などで3点を加えた。先発の菅野は7回1失点で今季2勝目。ヤクルトの先発・小川は勝負どころで制球が乱れた。

小川から決勝弾

 巨人がついに天敵を退けた。これまで8連敗中と苦しめられてきたヤクルト先発・小川を、2番・坂本勇が三回の決勝ソロを含む2安打2打点で打ち崩した。

 同点の三回1死走者無し。外角の甘いカットボールをとらえた。マウンドの小川がすぐに下を向いてしまうほどの勢いで飛び出した打球は、左翼席上段にまで届く特大アーチとなった。坂本勇は「気持ち良かった。完璧」と振り返った。五回1死二塁では左越えの適時二塁打で貴重な追加点をもたらし、試合の流れを決定づけた。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集