メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

救済法案、通知なし プライバシー保護、潜む差別 「被害発掘の障害」施設役員が疑問

 「被害者への個別通知は絶対に必要です」。旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済法案が衆院を通過した11日、50年以上前に手術された知的障害者が入所する宮城県内のグループホームの役員が、福祉関係者の思いを代弁するように言い切った。「プライバシーの保護」を理由に手術記録のある人に被害を通知しない法案は、被害の掘り起こしの放棄につながると指摘する。【遠藤大志】

 手術されたのは、10年以上前からこの施設で暮らす70代の男性。報道で強制不妊が「間違いだった」と知…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです