メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興の陰で

熊本地震3年/下 頼れる人見つかるか 災害公営住宅、家賃負担も不安

 「復興住宅(災害公営住宅)に移ったら周りはまた知らない人ばかり」。熊本市南区の仮設住宅で、守屋純子さん(75)がつぶやいた。仮設暮らしで仲良くなった友人らと離れ離れになるのが寂しいし、熊本地震の余震で転倒して大けがをした腰は今もうずく。「痛(いた)た」。腰を手でさすりながら、痛みと不安に顔をゆがめた。

 熊本地震の前震から間もない2016年4月15日未明、車中泊するつもりで家に布団を取りにいった時、余…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです