メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相、桜を見る会開催 「後半国会も身を引き締める」

自身が主催する「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍首相(中央)と昭恵夫人(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日午前10時15分、喜屋武真之介撮影

 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が13日、東京都新宿区の新宿御苑で開かれた。首相はあいさつで、桜田義孝前五輪担当相の辞任など相次ぐ政権の失態を念頭に「後半国会もしっかりと身を引き締めて臨んでいかなければならない」と述べた。

 そのうえで首相は平成時代を「阪神大震災や東日本大震災、本当につらい災害もあった」と振…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです