メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「罪と向き合いなさい」 受刑者との一期一会 滋賀刑務所で信頼集める教誨師の中紙さん

滋賀刑務所で受刑者に教誨する中紙賢孝さん=大津市長等2の本要寺で2018年11月21日午後6時13分、小西雄介撮影

 滋賀刑務所(大津市)で受刑者から信頼を集める教誨(きょうかい)師がいる。日蓮宗僧侶の中紙賢孝(なかがみ・けんこう)さん(44)。就任6年間で延べ600人を担当し、現在も30人近くが面談の予約を待つ。身長181センチ、体重116キロの体を揺すっての笑顔で、同刑務所の教誨師でも一番の人気だ。中紙さんは「教えを通じて感情を制御できるようになり、社会で生きていってほしい」と願う。

 東京生まれの中紙さんは少年時代、宗教とは無縁だった。高校生だった1990年代初め、後に地下鉄サリン…

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1161文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです