メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かんきつ「王女」誕生 食べやすく華やか「紅プリンセス」 愛媛で新品種

かんきつ類の新品種「紅プリンセス」について説明する中村時広知事=松山市一番町4の県庁で2019年4月12日午前11時20分、花澤葵撮影

 愛媛県は12日、高級かんきつの「紅(べに)まどんな」と「甘平(かんぺい)」を交配した新品種「紅プリンセス」を開発し、国に品種登録を出願したと発表した。2022年に苗木を生産者に配布し、25年に200~250トンを初出荷する見通し。登録されれば、県が開発したかんきつ類は5品種となる。【花澤葵】

 紅プリンセスは、県みかん研究所(宇和島市吉田町法花津)が05年から開発を始めた。形はややしずく型で、大きさは250グラム程度。糖度は14度以上で、紅まどんなのゼリーのような食感と甘平の濃厚な甘みを受け継ぐ。薄くてむきやすく…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです