マサイキリン赤ちゃん誕生 絶滅危惧種「ほっとした」 鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マサイキリンの雄の赤ちゃんと母親のアヤメ=平川動物公園提供
マサイキリンの雄の赤ちゃんと母親のアヤメ=平川動物公園提供

 鹿児島市の平川動物公園で10日、マサイキリンの雄の赤ちゃんが誕生した。国内では非常に少ない種類で、全国の飼育頭数は8頭になった。国内での出産は2016年9月に同園と熊本市動植物園(熊本市)で赤ちゃんが生まれて以来、約2年半ぶりとなる。

 平川動物公園によると、母親のアヤメ(23歳)が10日午後6時ごろ、キリン舎の寝室で出産。授乳も確認さ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集