メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏切遮断機の棒、切断した疑い 自営業の男を逮捕 千葉・京成線

千葉県警本部=信田真由美撮影

 千葉県警船橋署は13日、踏切の遮断機を切断したとして、同県市川市大町、自営業、中野勝徳容疑者(53)を器物損壊容疑で逮捕した。「遮断機の棒を切断したのは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は13日午前7時から7時半ごろ、同県船橋市の京成線船橋競馬場駅近くの踏切に設置されていた遮断機の棒2本を、のこぎりのようなもので切断したとしている。

 中野容疑者は板金関係の仕事をしており、職場に向かう途中だった。踏切が閉じたまま長時間待たされたことに腹を立てたという。

 切断後、通行人が110番通報し、ツイッター上では、中野容疑者が棒を切断した後、車で立ち去る様子を撮影した動画が投稿された。車のナンバーなどから中野容疑者が特定された。

 県警習志野署によると、通報の10分前には、隣の谷津駅(習志野市)の構内で、10代とみられる男性が電車にはねられ、死亡する事故があった。この影響で午前7時半ごろまで一部区間の上下線が運行を見合わせており、遮断機が開かない状態が続いていた。

 京成電鉄によると、切断された棒はグラスファイバー製で直径10センチ。新しいものに取り換えたという。【加藤昌平、町野幸】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです