特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

娘亡くした母2人、チューリップがつなぐ縁 「娘にきれいな花届けたい」 熊本地震3年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
胡桃さんの仏壇が置かれた部屋からチューリップの花壇までを松崎さんは「胡桃ロード」と名付け、胡桃さんがいつでも花を見に行けるように石畳で整備した=熊本市東区で2019年4月13日午後2時33分、徳野仁子撮影
胡桃さんの仏壇が置かれた部屋からチューリップの花壇までを松崎さんは「胡桃ロード」と名付け、胡桃さんがいつでも花を見に行けるように石畳で整備した=熊本市東区で2019年4月13日午後2時33分、徳野仁子撮影

 2016年4月の熊本地震で長女胡桃(くるみ)さん(当時16歳)を失った熊本市東区の松崎久美子さん(49)が育てたチューリップが今春、初めて花を咲かせた。「娘にきれいな花を届けたい」。そんな松崎さんの思いに共感した熊本県合志市の宮崎さくらさん(40)も、地震で当時4歳の娘を亡くしており、花がつないだ交流が始まった。

 胡桃さんは1999年11月、生後まもなく先天性の心臓病と診断された。熊本市民病院で2度の大手術と7カ月の入院を経て自宅に戻ったが、2歳の時に胸の痛みで緊急入院、低酸素脳症で寝たきりになり、会話もできなくなった。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1054文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集