メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15年世界女王が健在アピール 自己ベスト更新し1位に 世界国別対抗

女子フリーで1位になったエリザベータ・トゥクタミシェワの演技=マリンメッセ福岡で2019年4月13日午後6時28分、矢頭智剛撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は最終日の13日、マリンメッセ福岡で女子フリーが行われ、2015年世界選手権を制したエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が153.89点をマークして1位だった。

 軽やかに高々と舞い上がった。トゥクタミシェワは冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を余裕たっぷりに降りた。2.40点の加点が付く出来に「安定していた。(決まったのは)驚きではない」と冷静だった。

 それでも、他のジャンプも決まっていけば乗ってくる。演技終盤には「自分の感情を100%出したかった」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです