メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

札幌が3試合ぶりの白星! 進藤亮佑が試合終了間際に決勝弾を叩き込む

情報提供:サッカーキング

セレッソ大阪と北海道コンサドーレ札幌が対戦した
 明治安田生命J1リーグ第7節が13日に行われ、セレッソ大阪と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 ホームのC大阪は公式戦3試合連続無敗と好調を保っているが、順位は11位についている。一方の札幌はリーグ戦3連敗と不調。順位は15位と降格圏内に沈んでしまう可能性もあり、厳しい状況に陥っている。

 前半は両者ともに決定機を作ることができずに終了。ゴールネットを揺らすことなくハーフタイムを迎え、前半を0-0で折り返す。

 迎えた後半も前半と変わらず流れを変える展開がなく、スコアレスドローに終わるかのように見えた。しかし80分、札幌が試合を動かす。進藤亮佑が貴重な先制弾をマークして札幌にリードをもたらした。

 試合はこのまま1-0でタイムアップ。札幌は3試合ぶりの勝利を飾り、暫定も9位へと一気に順位を上げた。次節、C大阪はアウェイで清水エスパルスと、札幌はホームで横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 0-1 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
0-1 80分 進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)

【スターティングメンバー】
セレッソ大阪(3-4-2-1)
キム・ジンヒョン;片山瑛一、ヨニッチ、木本恭生;松田陸(76分 水沼宏太)、デサバト、ソウザ、丸橋祐介(84分 西川順);清武弘嗣(69分 高木俊幸)、柿谷曜一朗;都倉賢

北海道コンサドーレ札幌(3-4-1-2)
ク・ソンユン;進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗;ルーカス・フェルナンデス(66分 中野嘉大)、宮澤裕樹、深井一希、菅大輝(84分 早坂良太);チャナティップ(90+4分 岩崎悠人);鈴木武蔵、アンデルソン・ロペス

記事中の表記に誤りがございましたので、訂正いたしました(13日18時13分)

【関連記事】
●Jリーグが2・3月度のベストゴールを発表! J1は伊藤翔の“アンリ彷彿弾”
●2月・3月のJ1月間MVPは藤本憲明…大分の上位躍進に大きく貢献
●今季からJに新設された「月間優秀監督賞」…初代受賞者は名古屋の風間監督
●3失点で敗戦も…好守連発した西川周作が第6節『浦和レッズ サポーターが選ぶMVP』選出
●敗戦後の西大伍が語った鹿島時代の経験…「“あの時”もセットプレーでやられた」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです