メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

コヴァチ監督、喧嘩した2選手に「罰金は科さない。この問題は解決済み」

情報提供:サッカーキング

ロベルト・レヴァンドフスキ(左)とキングスレイ・コマン(右) [写真]=TF-Images/Getty Images
 バイエルンのニコ・コヴァチ監督がチーム内のトラブルについて言及した。イギリスメディア『BBC』や『スカイスポーツ』などが12日に伝えている。

 ドイツ紙『ビルト』によれば、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとフランス代表MFキングスレイ・コマンがトレーニング中に喧嘩のトラブルを起こしていた。コヴァチ監督はこのトラブルを「名前が挙がった2選手間での暴力行為はあった」と認めた上で、どちらのプレイヤーも罰することはないと述べた。

「練習後、3人でそのことについては話したよ。2人とも後悔していたし、自分の振る舞いについて謝罪していた」

「彼らはこのことをよく理解しているから罰金は科さないよ。これは大切なこと。今はもうこの問題は解決済みだ」

 レヴァンドフスキは第28節終了時点でリーグ戦21ゴールと得点ランキングでトップを独走している。一方のコマンは今シーズン、ケガに泣きリーグ戦での出場は15試合にとどまっている。6日に行われた第28節でドルトムントとの首位攻防戦を5-0で制したバイエルン。次節は14日に行われ、デュッセルドルフと対戦する。

【関連記事】
●バイエルンにトラブル発生…レヴァンドフスキとコマンが殴り合いの喧嘩
●CL初ゴールから12年…C・ロナウドの得点記録を振り返る
●インテル撃破でEL8強、公式戦15試合無敗…長谷部誠擁するフランクフルトはなぜ強い??
●数字で見るCL準々決勝…最多得点、最も若いチーム、エースに依存してるのは?
●「完全にウソ」…クロースがスペイン紙のレアル退団報道を否定

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです