メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

東京V、中盤3枚の新布陣を披露…渡辺皓太「続けていけばもっと良くなる」

情報提供:サッカーキング

渡辺は出場4試合目で待望の今季初ゴール [写真]=金田慎平
 ホームにFC琉球を迎えたJ2第9節、東京ヴェルディは後半アディショナルタイムに失点を喫し、勝ち点1獲得にとどまった。従来の『4−2−3−1』から、琉球戦では基本フォーメーションを『4−1–4–1』に変更。井上潮音が中盤のアンカーを務め、佐藤優平と渡辺皓太がインサイドハーフに入る布陣で臨んだ。

「前に行ける選手たちが揃っている。より強みを出すためのフォーメーション」というホワイト監督の言葉通り、中盤の3人が起点となり攻撃を組み立てていく。すると39分、渡辺が前を向いて仕掛けると、佐藤との連係から鮮やかなシュートを突き刺した。

 新布陣の本格的な導入は「今週から」だというが、「練習から良かったし、続けていけばもっと良くなる」と渡辺は手応えを語る。その一方で守備での課題も明確となった。

「守備ではなかなかボールを奪えなかったですし、中盤からのプレス、カバーが必要だと感じました。もっと運動量を増やしていかないといけません。あとはアンカーの脇の締め方。守備の連係が大事になってくるので、もっと詰めていきたいと思います」

 次節はホームでアルビレックス新潟と対戦する。渡辺は「自分的にもこのフォーメーションはやりやすい。今後はもっと得点・アシストに絡んでいきたい」と意気込んだ。

【関連記事】
【写真ギャラリー】2019.4.13 明治安田生命J2リーグ第9節 東京ヴェルディ 1-1 FC琉球
●ホワイト新体制の東京Vが背番号発表…千葉から加入の近藤直也が「3」
●三浦知良がJリーグ最年長出場記録を更新…山形、逆転勝利で首位浮上/J2第8節
●Jリーグが2・3月度のベストゴールを発表! J1は伊藤翔の“アンリ彷彿弾”
●今季からJに新設された「月間優秀監督賞」…初代受賞者は名古屋の風間監督

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです