メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アラベス、エスパニョールに敗れ4戦未勝利…乾は先発出場し79分に交代

情報提供:サッカーキング

乾は先発出場を果たした [写真]=Getty Images
 リーガ・エスパニョーラ第32節が13日に行われ、エスパニョールは日本代表MF乾貴士が所属するアラベスとホームで対戦し2-1で勝利した。

 試合は序盤からエスパニョールがボールを支配する展開。アラベスはカウンターを仕掛けるもタイトで集中したエスパニョール守備陣に潰されシュートに持ち込むことができない。

 スコアが動いたのは19分、オスカル・メレンドが中盤でボールを受けるとアラベスの最終ラインの間にスルーパスを送る。これに反応したペドロサが斜めに走り込み、競り合いに勝つとニアサイドに流し込んでエスパニョールが先制した。

 アラベスはその後ボールを保持する時間を伸ばしていくが、なかなか決定機を作りだせず前半が終了する。

 後半早々の47分、スルーパスでペナルティエリア右に入り込んだボルハ・イグレシアスがクロスを上げると、対応したビクトル・ラグアルディアに当たりこれがネットを揺らす。オウンゴールでエスパニョールが追加点を挙げた。

 しかしアラベスも黙ってはいない。56分、右サイドからクロスを上げるとニアでボルハ・バストンがつぶれ、その後ろにポジショニングをとったジョナサン・カレリが冷静に沈める。ファールがあったのではないかと主審はVARをチェックしたが、この得点が認められアラベスが1点を返す。

 後半になり、時間が進むにつれてオープンな展開に。後半アディショナルタイムのCKではGKパチェコも上がっての攻撃を仕掛けたがゴールラインを割ることができず試合終了。エスパニョールは2連勝を飾った一方、アラベスは4戦未勝利となった。

 次節、エスパニョールは同21日にアウェイでレバンテと、アラベスは4月19日にホームでバジャドリードと対戦する。

【スコア】
エスパニョール 2-1 アラベス

【得点者】
1-0 19分 ペドロサ(エスパニョール)
2-0 47分 オウンゴール(ラグアルディア/エスパニョール)
2-1 56分 カレリ(アラベス)

【スターティングメンバー】
エスパニョール(4-3-4)
ディエゴ・ロペス;ロサレス(28分 ハビ・ロペス)、ナウド、エルモソ、ペドロサ;ビクトル、ロカ、ダルデル;メレンド(85分 オスカル・ドゥアルテ)、イグレシアス、ウー・レイ(64分 セルヒオ・ガルシア)

アラベス(4-4-2)
パチェコ;ナヴァーロ、ラグアルディア、エリー、ドゥアルテ;乾貴士(79分 トゥマシ)、ブラサナツ(79分 ワカソ)、マヌ・ガルシア、ホニー;カレリ、ボルハ(68分 ロラン)

【関連記事】
●シメオネ、8試合出場停止のD・コスタについて「この処分は厳しすぎる」
●レアル、ポグバ&エリクセンの獲得に備える…今季不調のクロース売却か
●アトレティコMFトーマス、D・コスタの8試合出場停止処分は「厳しすぎる」
●バスケス、自身の去就について「僕はレアルにいたい」と残留を希望
●来季契約満了のエリクセン、伊移籍が実現か…インテルが獲得に関心

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役
  4. 兵庫県庁、700億円かけ建て替えへ 耐震対策 30年度まで
  5. 大きな虹 福岡の空に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです