メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

フィーゴ、レアルへの禁断の移籍を振り返る…運命を変えた2つの会長選

情報提供:サッカーキング

「禁断の移籍」について語ったフィーゴ氏 [写真]=Getty Images
 元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏が、自身の経験した禁断の移籍についてコメントした。スペイン紙『マルカ』が13日に伝えている。

 2000年7月、バルセロナに所属していたフィーゴ氏は宿敵であるレアル・マドリードへ6000万ユーロ(今のレートで約76億円)の移籍金で加入した。その後バルセロナ戦で出場したフィーゴ氏にはバルセロナファンから様々なものが投げつけられ、2015年にはFIFA主催のフレンドリーマッチにバルセロナOBとして出場することをクラブ側が拒否するなど現在までも遺恨を残す「禁断の移籍」となった。

 同年夏の出来事についてフィーゴ氏は「私はバルセロナで私生活面でも、スポーツ面でも素晴らしい5年間を過ごしていた。だがあの夏、会長選で(ジョアン・)ガスパールの勝利が濃厚になっていたんだ。私は奴を信用していなかった。そしてそれから事態はより深刻になっていった。レアル・マドリードの会長選に立候補していた1人(フロレンティーノ・ペレス現会長)と私の代理人が合意していたのさ。もし私がレアルと契約しないならばベルナベウのシーズンチケットを払えと言ってきた。だがまだ私はサインしなかった。それは彼の責任だから、私は言葉だけで何にもサインはしていなかった。それからバルセロナ、彼らは金さえ払えば移籍しても良いと言ってきた。ともかくフロレンティーノなど知らなかったがね」と2クラブの会長選が大きく影響したことを明かした。

 その後本当にレアル・マドリードへの移籍が決定することになるが、フィーゴ氏は「私はサルデーニャでバカンスを送っていた。そしてその頃フロレンティーノが会長選に勝利し、代理人と弁護士は私を説得しにサルデーニャへやって来た。それから私はリスボンへ飛び、直接フロレンティーノと会った。そして妻にマドリードへ行くことになったと電話したんだ」と振り返り、「チャンピオンズリーグで優勝してから、新しいアイディアやプロジェクトの中で困難な年を迎えた。リーガを制したことは幸運だったね。そして(ジネディーヌ・)ジダンや(フェルナンド・)イエロといったセンセーショナルな仲間と出会うことになった」と“銀河系軍団”誕生するまでの苦労についても語っている。

【関連記事】
●シメオネ、8試合出場停止のD・コスタについて「この処分は厳しすぎる」
●ファン・ハール氏、19歳DFデ・リフトの去就に「私ならバルセロナへ行く」
●バスケス、自身の去就について「僕はレアルにいたい」と残留を希望
●レアル、ポグバ&エリクセンの獲得に備える…今季不調のクロース売却か
●アトレティコMFトーマス、D・コスタの8試合出場停止処分は「厳しすぎる」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです